ブレスレットをプレゼント

プレゼント用ジュエリーはこれ!!

手作りブレスレットをプレゼントする際のポイント

手首のサイズもしっかり測りましょう

高いファッション性からも、アクセサリーとしてブレスレットを身につけている方が多くいらっしゃいます。
それがプレゼントとなれば、作り手の気持ちも伝えられるハンドメイドで作製するのも1つの方法です。
贈り物ならば、相手の手首のサイズも重要です。
サイズの測り方は、メジャーを手首に巻きつけ、くるぶしの骨の下を計測します。
手首の周囲が12cm程度はS・16cm程度はM・18cm程度はLサイズとなります。
ですが、工房などで作るのならば、サイズや天然石の種類などが分からなくても、ましてやオリジナルのブレスレットならば、デザインを考えていなくとも、プロが一緒に考えて、形にしてくれます。


もちろん、自分の手で全てを一から作るのもよいでしょう。
ですが、クオリティーを重視する素材を買い付けできるのか、不安ならば、サポートを受けながら作るのが得策です。
なにより、予算や時間に配慮できます。
こだわれば予算より高く、なんなら既製品の方が安上がりに済むことも少なくありません。
初めて作るなら、加えて初めてのプレゼントならば、手際よくいかないこともあります。
だから値段を聞いて、材料を揃え、納期までに仕上げられる工房での作製がおすすめできます。

シンプルながらもしっかりこだわる

プレゼントするブレスレットも、性別や年代問わず人気なのは、天然石で作るブレスレットです。
シンプルなのもよし、しかし、シルバーや18金、ビーズなど異なる素材を組み合わせることで、シンプルながらも遊び心のあるデザインに仕上げることも可能です。
もちろん、装着するため、内蔵するのは伸縮性と耐久性を兼ね備えたゴムタイプがおすすめできます。
サプライズのプレゼントならば、手首のサイズを知ることができないケースもあるため、ある程度の伸縮性があるならば、サイズの違和感を無くせます。
また、シンプルならば、重ね付けしたり、他のアクセサリーとのコーディネートも可能です。
ゴムタイプだけでなく、フックタイプのブレスレットを選ぶならば、小さいかえしが入っていれば外れにくくなり、同時に手での調整も可能です。


プレゼントならば、見た目も重要です。
それがスペシャルな日であればなおのこと、少しでも素敵に演出するには、箱や巾着、ビニールのパッケージ等でプレゼントするのもおすすめです。
包装は、女性に贈るならばリボンやメッセージを添えるのも好印象に見えます。
また、ハンドメイド工房などで作った場合、購入後、半年程度は無料でサイズ交換であったり、糸やワイヤー切れの直しも担ってくれるアフターサービス、アフターフォローもしっかりチェックしておきたいところです。

人気記事ランキング