トップ / 下肢静脈瘤予防の為の食事

足のむくみと下肢静脈瘤

下肢静脈瘤予防の為の食事

下肢静脈瘤予防の食べ物

下肢静脈瘤を予防する為に、是非栄養バランスのとれた食事を摂っていただきたいと思います。そして、たんぱく質をしっかり摂るようにしてみましょう。たんぱく質は、血管を作ったり強くしてくれたりする栄養素です。お勧めなのは、大豆など植物性のたんぱく質や魚です。同じたんぱく質であっても、動物性脂肪を多く含んでいるような食材は下肢静脈瘤予防にはあまり向いていません。

ビタミンC、ビタミンEも循環を良くしてくれるのでお勧めです。いちごやレモンなどもビタミンCが多く含まれていますし、ナッツや小麦胚芽、ひまわり油などには、ビタミンEが豊富に含まれています。また鉄分不足の女性も多いようですが、こういった方も下肢静脈瘤の方に多い傾向があります。鉄分を多く含むひじきやあさり、小松菜、納豆などを積極的に食べてみてください。

また、便秘になるといきみやすくなり、これもまた下肢静脈瘤の原因になります。便秘を改善する為に、食物繊維とたっぷりの水分も欠かせません。野菜や豆類、きのこや海草などもたくさん食べてみましょう。

そして、むくみにくい食生活も心がけたいところ。むくみを防ぐには、塩分や糖分、脂肪の摂取量を控えたり、冷たいものを食べ過ぎないように気をつけたりすることも必要です。合成添加物もできるだけ避ける方が安心。食材を選ぶ時は、こういったところもチェックしてみてください。

むくみ対策には、ビタミンB1やビタミンEもお勧め。また、カリウムが多い食材を積極的に摂るのも良いでしょう。カリウムは、バナナやりんご、野菜などにも多く含まれています。中でもキウイフルーツは、ビタミンCが多く、食物繊維もカリウムも多いですからこちらもお勧めです。

あまり食べ物を制限してしまうと、ストレスになって続かなくなりますから無理は禁物。できるところから気をつけていきましょう。